家族のスポンサーによる永住権 (Permanent Residence/Family Sponsorship)

家族がスポンサーになることで、永住権(グリーンカード)を取得する場合、申請方法には、以下の5つのカテゴリー (優先枠) が設けられています。

直近家族

直近家族とは、米国市民の未婚の子供 (実子・養子) 、配偶者、両親を意味します。直近家族は、年間の永住権取得者数の制限に関わらず、米国に移住することができます。なお、未婚の子供は、21歳未満の場合に限られます。また、21歳以上の子供であれば、親のスポンサーとなることができます。

第一優先枠

第一優先枠に該当するのは、米国市民の、21歳以上で未婚の息子および娘です。第一優先枠は、通称「FB1」と呼ばれています。

第二優先枠

第二優先枠に該当するのは、米国永住権保持者の配偶者、未婚の子供、息子および娘です。この優先枠は、以下の2つのサブカテゴリに分かれています。

  1. 米国永住権保持者の配偶者および21歳未満の未婚の子供。このサブカテゴリは、通称「FB-2A」と呼ばれています。
  2. 米国永住権保持者の21歳以上の未婚の息子および娘。このサブカテゴリは、通称「FB-2B」と呼ばれています。

第三優先枠

第三優先枠に該当するのは、米国市民の既婚の息子および娘です。第三優先枠は、通称「FB3」と呼ばれています。

第四優先枠

第四優先枠に該当するのは、米国市民の兄弟および姉妹です。第四優先枠は、通称「FB4」と呼ばれています。