なぜ、ブランドン・バルボ法律事務所を選ぶか

88年以上の実績をもって、全米50州のクライアントを代理できる、米国移民法のエキスパート集団だから。

米国移民法の情報源

各種ビザに関する情報源です。様々なタイプのビザへのご理解を深めるためにお役立てください。

閲覧する

ブランドン・バルボ

ブランドン・バルボ法律事務所の創立者、代表取締役、代表弁護士。1989年に弁護士としてのキャリアをスタートして以来、米国移民法を専門に従事。米国移民問題について、様々な政府機関にも協力している。

最新記事

2020年6月22日に発令されたトランプ大統領令―労働ビザ保持者と移民の入国制限

2020年6月22日、トランプ大統領が、特定の労働ビザ保持者の入国を禁ずる、新たな大統領布告に署名しました。この大統領令は、2020年6月24日午前0時(米国東部時間)から施行され、2020年12月31日まで有効となります。   こちらの布告によりますと、H-1B、H-2B、J-1 (インターン、研修生、教師、キャンプ指導員、オペア、サマーワーク参加者)、L-1ビザの発給を一時停止するとのことです。また、これらのビザの配偶者や子供も同様の措置となります。   このたびの布告は、以下の方々にのみ、該当します。   布告が施行される時点で米国外にいる人 布告が施行される時点で有効な非移民ビザを保持していない人 布告が施行される時点で、米国政府が発行する、ビザ以外の渡航書類を有していない人   ただし、次の方々については、この布告は該当しません;米国の食料供給に対して不可欠な労働に従事する人、米国国務長官、米国国土安全保障長官、またはこれらの指名する人により、米国への入国が国益に値すると認められている人。   また、2020年6月24日から30日以内、それ以降は60日ごとに、この布告に対し、修正、変更が考慮されるとのことです。   さらに、米国連邦政府機関に、以下について実施するよう指示しています。   米国へすでに入国している、もしくは入国する予定の、雇用ベースによる永住権申請第二カテゴリ、第三カテゴリの申請者、もしくはH-1Bビザ保持者によって、米国人労働者の雇用機会が制限されないことを確実にするための規制を設けること H-1申請で提出されたLabor Condition Application (LCA)に対して、違反がないかどうかを調査すること H-1B労働者によって、米国人労働者がネガティブな影響を受けていないこと (例えば、特定の従業員だけ優遇されているなど)を確実にする方法や、労働ビザの割り当て方法を変更すること 個人がビザを申請したり、米国へ入国する前に、指紋採取、写真撮影、署名のプロセスを確実に実施すること 米国からの国外退去処分になったり、逮捕されたり、有罪判決を受けた個人の就労を防ぐこと   最後に、移民目的の外国人の入国を禁ずる、2020年4月22日に発令された大統領令は、2020年12月31日まで延長されました。

> 記事を読む

2020年4月22日 移民を制限するトランプ大統領布告

2020年4月22日、トランプ大統領は、移民目的で入国する外国人の入国を禁ずる大統領布告に署名しました。この大統領布告は、2020年4月23日午前0時より施行されます。   この措置で影響が及ぶのは、2020年4月23日午前0時時点で、米国外の米国大使館で移民ビザを取得するケースを進めている申請者です。該当する申請者は、2020年6月22日まで、移民として米国へ入国することができなくなります。なお、この措置はさらに期間が延長される可能性もあります。   なお、大統領布告には例外があり、以下の方々には該当しません。   米国永住権保持者 移民ビザを取得し、米国に入国後、医師、看護士、もしくは医療の専門家として従事する方々、および、その配偶者と21歳以下の子供 EB-5 (投資移民ビザ)のケースを進めている方々 米国市民の配偶者と21歳以下の子供 法執行に助力する特定の方々、もしくは軍人 宗教家などの特別移民   米国大使館・領事館の領事は、移民ビザ申請者が上記例外に該当するかどうかを判断します。   現在のところ、E、L、H、O、Fといった非移民ビザ保持者には、米国への入国制限はありません。ですが、米国経済を活性化させ、米国人労働者が優先的に就労でき、雇用されることを目的に、大統領布告施行から30日以内に、米国労働省、米国国土安全保障省、米国国務省が全非移民ビザプログラムを再調査、協議の上、変更すべき点を大統領に進言することが布告に明言されています。  

> 記事を読む

ビザステッカーの自動的な取り消しにつながる、飲酒運転による逮捕

一般的に言うところのDUI (Driving under the Influence) 、つまり、飲酒運転で逮捕された場合、その代償は大変大きいものとなります。問題を解決するためには、刑事事件専門の弁護士とともに取り組む必要があるでしょうし、解決までには時間も、弁護費用等もかかるでしょう。ところが、米国ビザ保持者の場合は、悩ましい点はそれだけでは終わりません。飲酒運転による逮捕によって、お持ちの米国ビザステッカーが自動的に取り消されてしまうのです。

> 記事を読む